Image by Sole D'Alessandro G.

サポートセンター

UNIZ SUPPORT

ホーム > サポート > SLASHを使いはじめる

 

UNIZ Desktopの使い方

SLASHを制御するプリンタードライバー「UNIZ Desktop」の使い方を説明します。

操作画面について

​データのインポート

このボタンを押してファイルから選択するか、ドラッグ&ドロップでデータをセットしてください。

移動ツール

このボタンを押すと詳細が表示されます。

​このボタンが青くいっている状態の時には、データをマウスで移動することができます。

回転ツール

このボタンを押すと詳細が表示されます。

​このボタンが青lなっている状態の時には、データをマウスで回転させることができます。

スケールの変更

このボタンを押すと詳細が表示されます。

​このボタンが青lなっている状態の時には、データのサイズを変更することができます。

サポート材の設計

このボタンを押すと詳細が表示されます。

​このボタンが青lなっている状態の時には、サポート材の設計をすることができます。

スライスツール

このボタンを押すと詳細が表示されます。

​このボタンが青lなっている状態の時には、データをマウスで回転させることができます。

 

Wi-Fiの設定方法

Wi-Fi接続の設定をすることでSLASHを無線で操作することができるようになります。

 

造形後の処理方法

Wi-Fi接続の設定をすることでSLASHを無線で操作することができるようになります。

1. 周囲の汚れを予防する

​箱や新聞紙などを用意して周囲を汚さないように予防します。

2. 洗浄用品を準備する

マスクを着用して、ニトリルグローブ、ヘラ、スプレー、ペーパータオル、筆を用意してください。

3. アルコールスプレーで一時洗浄

アルコールスプレーをかけて余分な樹脂ペーパータオルで拭きます。

4. プラットフォームから剥がす

ヘラを使って造形物をプラットフォームから剥がします。

ヘラを傾けすぎるとプラットフォームを傷つけてしまうので注意してください。

5. 洗浄槽で二次洗浄

筆を使って短時間で洗浄を行います。

​洗浄後はエアーで乾燥させましょう。

6. 最終硬化

405nmの周波数の重合機を使って硬化させる。

  • 3D.Printer.Japan facebook

ダウンロード

ストア

​連絡先

株式会社 マシンツール中央

TEL : 0798-37-0270

mtc@mt-chuo.jp

  • Facebookの - ホワイト丸

© 2020 by UNIZ JAPAN Shop. Proudly created with Machine Tool Chuo Co.,Ltd