Dentistry

​歯科医療・歯科技工

・低収縮タイプのzENG

・キャスタブルに対応するzWAX

・繊細なデザインの再現

・高速造形により効率化

現代の歯科医療では、口の中に収まる小さいサイズで複雑な形状の物を生産する必要性があります。また、これらの歯の形は患者ごとに異なり全てがカスタムメイド又はオーダーメイドでなければなりません。

歯科技工物を製作する従来のプロセスは、歯科技工士の技量に大きく依存し、鋳造の誤差や多くの工程、細かい作業などによって小さなエラーが複合化されることがある。そこには誤差または変動は珍しくない材料やシステムが必要であることを意味します。歯科医療は容易にアクセスできない厳しい環境においても全ての患者に完全にフィットし、複雑な形状を正確に再現する必要であります。

歯科医療ではSLASH 3Dプリンターの技術は、精度を高め、納品を軽減、チェアタイムの短縮などが期待できます。また、歯科医師、衛生士、技工士がチームとなって効果的な治療を提供できるようになります。
3Dプリンターのプロセスでは、模型または光学印象をのデータを、3Dモデリングソフトウェアを使用して最終画像を水平レイヤーにカットし、各レイヤー毎に光硬化させながら最終的な形状を造形します。造形後はアルコールで洗浄し、最終の光重合を5分ほどを行います。

logo.png
Powered by 株式会社マシンツール中央
  • 3D.Printer.Japan facebook

​日本正規販売代理店

© 2018 by UNIZ JAPAN Shop. Proudly created with Machine Tool Chuo Co.,Ltd